紀伊國屋オンライン・全国書店にて発売 詳しくはこちら

劣等感が劣等に変わっていき、自己効力感の減退につながる

劣等と劣等感。
言葉は似ていますが、似て非なるもの。

その意味を辞書で調べると

劣等:等級・程度などがふつうより劣っていること

劣等感:自分が他人よりも劣っているという【感情】

とのこと。

一言でいえば、

劣等は【事実】であり、劣等感は【感情】

これは、
学習・仕事・子育て・教育
全てにおいて共通することです。

「事実」の認知は非常に重要なことです。

ここで、
お子様のテスト結果が分かりやすいのかな?と思いますので一例として。

目次

テスト結果を例とした劣等と劣等感

例えば、

社会90点。英語60点。

この点数の結果だけを見ると、
英語は確実に劣っていると思ってしまいますよね。

ただ、
順位で見てみると、
社会23位。英語35位。だとします。
(実際にそうだったのですが)

こうなると、正直、大差はなく、
このテストにおける英語は
平均点の低い【難しいテスト】であったことがわかります。

このとき、
大人の声掛け次第で子どもの成長は大きく変わります。

何?!この英語の点数!もっと勉強しなさい!

このように言われると、

私は英語ダメだし・・・


思うようになります。

しかし、
事実としては、
この子の出来が悪かったのではなく、英語のテスト内容が難しかっただけ。

事実を誤認して話しをすると成長が阻害される

事実としては劣っていないにもかかわらず、
劣等感を持ってしまうと、そこから避けるようになる。

避けるようになれば、できなくなる。

できなくなれば、やらなくなる。

負のループがはじまります。

これは

「劣等感が、本当の劣等に変わっていく」
ことにもなります。

また、
劣等感を与え続けるということは、
「自分はできるという認知」が削がれていきます。

すなわち、

自己効力感:「自分ならできる、うまくいく」という認知

を失っていくことになります。

自己効力感が低い大人になってしまうと、

「どうせできないから」

考える傾向が強く、

チャレンジ精神・行動力が乏しく、成長できません。

事実を捉え、成長点に目を向ける

ここで重要なことは、
まず
「事実を誤認しないこと」です。

ここで言えば、

英語のテスト難しかったんだね。
そんな中、できることをシッカリと解いたね

というような言葉かけの方が良いですね。

事実の捉え方を間違えると、判断を誤ることになります。

そして、
できた点を認め、できなかった点は改善方法を考えること。

仮に、
事実を正確に捉えることができないとしても、

できた点を認め、できなかった点の改善方法を考えるということが
子どもの成長に繋がってきます。

自己効力感・自己肯定感の向上が生きる力に

ロボット・AI時代に突入し、

大人として必要な能力に変化が出てきています。

今まで重要とされてきた
テスト結果等でわかる
「認知能力」

よりも

自己認識・意欲・忍耐力・社会性・自制心といった
「非認知能力」

の重要性が

各所で言われるようになりました。

自己効力感:「自分ならできる、上手くいく」という認知
自己肯定感:いかなるときでも自分という存在を肯定できる

は、
成長の過程で、削ぐものではなく、育むもの。

事実を誤認して劣等感を与える
ことがないように、
心掛けていきたいですね。

ご質問・お問合わせ・講演依頼はこちらから

あわせて読みたい

本書を購入してみよう!と思ったときは
こちらをご覧ください

あわせて読みたい
全国書店にて販売「スマホの与え方・使い方の教科書」 「子育て共育」にかかわる書籍等のご紹介をします。 子どものスマホで「困った!」を防ぐスマホの与え方・使い方の教科書(産業能率大学出版部) 既に本書を購入、読ん...

子育て共育アドバイザー/学習塾塾長
野本一真

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

親と子が共に育つ「共育」。子育て共育アドバイザー、学習塾塾長。
 中学生のころ、所属していた部活が廃部になり帰宅部に。以来、帰宅ゲーム部として、時代が違えばプロゲーマーになるほどにゲームにのめり込む。また就職氷河期真っ只中にも関わらず、人生は一度しかない!と、上場企業・公務員・大学病院・医療グループ等、職種を変えた転職を行う。バイト時代を含めると10職種以上に及ぶ。その中で、高学歴ドロップアウトを幾度となく目の当たりにし「大人の関わり次第で人生が変わる」ことを痛感。学習塾(個別学習のセルモ)を開業。

 子どもの自己肯定感・自己効力感を育み、急激な変化の時代に「自らが主人公の自らの物語」を歩むことができる力の育成。すなわち、状況を受け入れた上でどうすれば良いか?を自らで考え・行動できる大人へと成長する一助となることを「指導理念」としている。
また、職種を変えた転職をしたため、子どもの言う「何がわからないのかわからない」を幾度となく経験。児童心理学・脳科学も活用し、子どもに寄り添った指導を行う。その子どもの成長には家庭環境が不可欠。

 親と子が共に育つ「共育」。子育て共育アドバイザーとして「親を対象とした親子関係の構築・改善相談」を行っている。近年は子どものスマホの保有率の増加と共にスマホ問題が子育ての問題となっており、その指導・改善方法を広く伝えることで、多くの「子育てで悩む親に何かひとつでも参考になることがあれば」と願い、

スマホの扱い、ルール作り、そのルールを維持するための親子関係構築方法を書いた
『子どものスマホで「困った!」を防ぐ スマホの与え方・使い方の教科書』を出版。

目次